11月23日(土)第6回ワークショップ

14:00-17:00

テーマ:「現場で、マーケティング!」

 特別教授:足立淳一氏(株式会社ビビッドパートナーズ 代表取締役)

プロフィール:立命館大学卒。広告系の制作会社にて、大手企業のプロモーションや
マーケティング戦略の立案、実施などの仕事を経て、
マーケティングのコンサルティング企業、パソコン教室FC本部運営企業に設立時から創業メンバーとして参加(在任中)。
中小企業などのIT活用支援全般を目的とした株式会社vividpartnersを設立、代表取締役に就任。
2013年高槻で、iPhone修理「スマートドクター」、iPad とiPhone教室「スマートアカデミー」をOPEN。

(会場)
ウエダ本社(京都市下京区五条堺町角塩釜町363番地)

(会費)
3,000円(学割:1,500円)

(日時)
2013/11/23(sat) 14:00-17:00

(エントリー方法)
こちらのページよりお申し込みください。

(ENJOY大学よりメッセージ)
「Not  生マジメのすすめ」

名刺交換をした翌週に、突然メルマガが送られてきた。
先日は純朴そうな紳士だったのに、何ということでしょう。
私のことそんな目で見てたのね、きー!
そんな想いをされたかたも多いと思います。

しかし、マジメな方ほどそういうことをすると聞きます。
どういうことでしょう?

想像してみましょう。

週末までの交流会でせっせと名刺を集め、
まだみなが寝ている日曜の朝にメールマガジンに登録、
その日の内にメールマガジンなどという面倒なものを準備、発行。
しかし、そのほとんどはゴミ箱行き、返事は来ません。

マジメかつストイック。
ふざけた人にはできません。

メルマガを批判するのは簡単。ですがみなさま、
こんなトライを続けられますか?

 

そんな、生マジメな人ほど会社を潰すと言います。
マジメは良いことですが、生がつくとそれは大変なことに。

マジメに「考え方」「やり方」が間違っていて、
それをやればやるほど、お客さんははなれてしまう。

自分の仕事を愛するあまり間違った方向に。
これは、誰にでもおこりうる悲劇です。
(創業して10年以内に潰れる会社は93%と言います。)

ふざけた人では、長く続けられません。
ただ、マジメにやっているだけでは充分ではありません。

マジメに何を考え、何をやるかが重要。
その答えは、
スタッフやお客さんと現場で向き合うことで見えて来るもの。

 

2013年はんなりマーケティング塾の最後は、
お客さんの気持ちと、
マジメ(not 生マジメ)に向き合ってみませんか?

特別教授として、2013年から高槻で「スマートドクター
「スマートアカデミー」を新しくOPEN。
iPhoneの修理メンテナンスと、iPhoneやiPadの教室をされている
ビビッドパートナーズ代表の足立淳一 常任教授をお招きしました。

 

テーマ:「現場で掴もう!はんなりマーケティング!」

今までそして現在も、全国200校を超える「ハロー!パソコン教室」の本部を仕切る、
プロデューサーかつプロフェッサー気質の氏が、現場で見て感じたものは?
2013年の最後に必見の講座です!

 

(エントリー方法)
こちらのページよりお申し込みください。
http://www.enjoy-univ.jp/entry.html


USTREAM
Facebook